全ての技術は、使われる方の快適な時間のために

 
株式会社フツラは、社名のフツラ(未来)に因み、昭和44年「未来が明るく 希望ある世界にするために」の精神を掲げて、福祉機器の輸入販売業者として創業しました。
その後、福祉機器の考案・製造・販売へと移行し、今日に至っています。 

 
■当社の思い
 私は、かつて施設の介護職員として従事していました。入居者が入浴後に嬉しそうな顔になるのを見て、お風呂は単に清潔のためだけではなく、精神的にも大切なケアであると実感しました。私共が作った介護用入浴機器によって、おからだが不自由な方々が一日でも長く、気持ち良くお風呂に入れるようにお手伝いが出来ることは、大変幸せなことだと思います。
 介護職員として現場に従事していた経験を、「利用する側と作る側、双方の視点での製品作り」に生かして、製品開発を行なっていきます。また、近年はデザインに着目し、製品のリニューアルや新製品開発を行なうなど、これからもお客様が使って心地いい福祉機器作りに取り組んでいきます。
 
■当社の取り組み
 当社は、主に介護用入浴機器を考案・製造・販売をしています。
開発商品はすべて、介護の現場の「お風呂に入れたい、入りたい」という声に応え、お客様の要望を実現する介護用入浴機器です。
主材料はステンレスです。堅牢な素材で、特に温泉や薬品に強いため、様々な要望に対応できます。
受注生産で納品にお時間を頂きますが、お客様の要望に沿って丁寧に設計し、部品は町工場の職人が作るMede in Japanです。
できる限りのメンテナンスに対応し、安心していただけるサービスを提供しています。
 
株式会社フツラは、令和元年に50周年を迎えました。今日がありますのは、お客様をはじめ、開発・製造にご助力頂いた方々のおかげです。心より感謝申し上げます。
おからだが不自由な方々の未来のために何ができるのか、模索しながら日々精進して参ります。今後ともご指導ご鞭撻のほど、宜しくお願い申し上げます。
 

株式会社 フツラ
代表取締役 加藤洋